インテリアデザイン

視線と脳波を活用したオフィス


脳波と視線を活用した空間設計補助ツールを開発する会社のオフィス設計。

エントランスホール・VRデモルーム・執務室の3部屋に分け、
襞でもあり、ゲートでもある、壁を潜り抜けて、時に連続的に、時に不連続に空間を体験することができ、どこから次の奥の空間に入ったのか、人それぞれに異なる空間体験をもたらす。

VRの中で実際につくる3D空間を体験して、
体験者の脳波/視線を測定、その空間で求める脳波
(例えば感動できる脳波が出るような空間はどのようなものか。)に近づけるべく、その結果を元にPDCAを回して最適な空間を作る。

<3部屋を見通す眺め(最上画像)、エントランスホール(上から2つ目画像)、VRデモルーム(上から3つ目画像)、執務室(上から3つ目画像)、ヘッドマウントディスプレイをつけてVRを体験している様子(一番下画像)>​

Project Info
Client

geocreates,inc

Date

12.2019

Role

Creative Direction, Space design

Share