プロダクトデザイン

泡の定規


KOKUYO社が主催する国際デザインコンペ
「コクヨデザインアワード2015」にて提案したプロダクトデザイン
1659案の中から優秀賞受賞・製品化。

テーマ「美しい暮らし」というものに対して「泡の定規」を提案。

 

自然は美しい。

私は、デザインを学ぶ上で、多くの物を見てきたけれども、やはり自然と言うものに大きな可能性、単純に美しいと感じている。木漏れ日や水の雫が生み出す波紋や音、これは、言葉では説明しがたいが、確実に感覚的に美しく魅力ある癒しのあるものだと感じており、私の作品に自然の要素を取り入れたものが多いのもこの感覚からくるところが多い。有機的な形を持つ気泡もその1つであり、同じ曲面は1つとなく、個性があり、美しく、それぞれの泡が反射して映し出す周囲の景色も泡の中では、見える形を変え、同じ景色はなくなり、美しく見える。

 

癒しを提供してくれる自然。

現代のストレス社会、常に身の回りにある文房具で、少しでも癒しを与えられるものが作れたら、どれだけ素敵でしょうか。

1、2、3という数字や、人工的な直線という要素を持つ、いわば幾何学で構成される代名詞でもある「定規」という対象は、時に人に緊張感を与える。その幾何学を自然が持つ要素「泡」というものに置き換えた定規である。1番下の泡は1cmごと間隔をあけて泡をいれてあり、その間隔と測りたいものを照らしあわせて定規として使うことが出来きる。

使い手の日々の暮らしに美しさや癒しを提供する。

 

作品紹介ムービー:
https://youtu.be/NCDQdQDj994(YouTube)

泡の作り方:
http://www.kokuyo.co.jp/award/archive/goods/bubbleliner.html

一般販売:
think of things (原宿)
コクヨショーケース(WEB)

Project Info
Client

KOKUYO Co.,Ltd.

Date

2017

Role

Product design

Share