空間をより広く楽しくするお茶がテーマのホテル

東京上野にあるホテルのインテリアデザイン。 各居室は、多くの人が空間をより大きく感じれれる空間になっている。 畳敷の小上がりでは、日中時は、テーブルや団欒の場として活用し、夜は、小上がりの下から布団を出して、寝る場所と変わる。2段ベットは、上下段のマットレスの向きを90度角度をずらすことによって、2段ベッド上下部分/小上がりの各場所にいる人同士がお互い見え、交流できるので、より多くの人が空間を広く使うことができ、快適さに感じることができる空間になっている。

  • 2019
  • Interior design / Branding
インテリア・デザイン01
インテリア・デザイン01
インテリア・デザイン01
インテリア・デザイン01
Related Projects