ブランディングとは何か?ブランディングの目的とは何か?

ブランディング

ブランディングとは?

ブランディングの大切さを、皆さんが知るようになった昨今ではありますが、さくっと一言でブランディングとは何かという事と言える人、言語化できている人はすくないのではないでしょうか。今回は、今一度、ブランディングとは何なのかを記述していきたいと思います。

まず、広辞苑には、こうあります。

顧客や消費者にとって価値のあるブランドを構築するための活動。ブランドの特徴や競合する企業・製品との違いを明確に提示することで、顧客や消費者の関心を高め、購買を促進することを目的とする。消費者との信頼関係を深めることで、ブランドの訴求力が向上し、競合他社に対して優位に立つことができる。ブランド化。 広辞苑

ブランドは他者の家畜と区別する為の焼印を施した行為から由来

ブランディングとは、ブランドにingがついているように、ブランド化するための活動ですので、
まず、ブランドは何かというお話をさせていただきます。

ブランドの語源は、牧場の所有者が自分の家畜などに焼印を施し、他者の家畜と区別するために行われた行為を表す北欧の言葉に由来していると言われています。

ブランディングは区別化

広辞苑にある「企業・製品との違いを明確に」やブランドの由来である「他者の家畜と区別」
現代の経済活動における会社にその考え方を当てはめても、その「区別する」という点は大変重要なのではないかと思います。
もし、区別しない-他者と似たような商品をだしたのでは、クライアントは比較する対象が価格のみとなってしまって、価格競争になってしまうのがみえています。また、もし区別したとしても他社追随が容易な商品も同じで、すぐに追いつかれてしまっては区別しても効果は薄いでしょう。
ですので、自社の強みを活かし他社追随困難性を高めた(競合他社と区別した)独自のブランドコンセプトをクライアントに伝える事が重要なのではないかと考えています。

ブランディングの目的は何か? それは「次から次へと伝言していく状態」を目指す。

ブランディングの目的は、伝言してもらう事であり、伝えてもらいたいブランドコンセプトは、最終的に各デザイン制作物(ビジュアライズ)によってクライアントに伝わり、さらに次の人に伝えてもらうことを目的としています。

ブランドとは、各個人の「心の中」に徐々に記憶されていく企業やプロダクトのイメージであるといえます。もし、ブランドコンセプトやそれに準ずるプロダクトを作ってもそれが伝わっていかないとそれは、社会にとってのブランドにはなり得ません。伝言していく状態を「目的」に据えることで、より早くより多くの方にそのブランドコンセプトを伝えられ、社会にとってのブランドになる意識を伝え手のみなさんが持つことができるのではないでしょうか。

一方、マーケティングも似ているけどもどう違うんだという話があります。これは、「目的」がちがいます。マーケティングの目的は、「売る事」で、ブランディングの目的は「伝言していくこと」になります。

どちらも大切ですが、初めに定めるべきは、ブランディングコンセプトです。

会社の他者にはない強みと今後の方針をベースに定めた伝言してもらうワード「ブランドコンセプト」。

そのブランドコンセプトと筋の通った経営戦略-プロダクト-各ビジュアライズ。

それらを整え、そのブランドコンセプトをクライアントに伝えていく。活動がブランディングディレクションであり、ブランディング活動に必要だと考えています。

ブランディングはずっと続く

ブランドは、クライアントの心の中に形成されるイメージであって、1つロゴが完成してリリースしたからといって、終わりではなく、絶え間ない継続的な活動の中で、徐々にはぐくまれるものです。

会社やプロダクトが置かれている環境の変化のよっても、定期的に見直す必要もあると思います。

例えば、ホテルの空間づくり、ショップカード、WEBデザインが完成して、皆さんに使ってもらっておしまいではなくて、使い始めたら、お客様からのフィードバックがあったりして、更にアップデートすべき点や新たに打つべき施策が発見できると思います。その場合は、定めたブランドコンセプトに沿ってクライアントとの接点である各種デザイン制作物をさらにアップデートしつづけて欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました